講演会・セミナー

受講には事前申込みが必要です。

各講演会・セミナーの下部にある『詳細ボタン』をクリックし、必要事項を入力してお申込みください。
また、お申込み後、入力いただいたメールアドレス宛に控えメール(確認メール)が届きますので、

控えメールを印刷いただき、ご来場の際、受付にご提出ください。

※携帯電話、スマートフォンからのお申し込みは出来ない場合があります。


3月21日(木・祝日)

① 10:30〜11:40 定員150名

テーマ 「空飛ぶクルマ」の開発秘話について
~日本初の空飛ぶクルマ2020年のデモフライトを目指して~
講師 有志団体CARTIVATOR 共同代表
株式会社SkyDrive代表取締役
福澤 知浩
内容 2020年の東京オリンピックの開会式で、聖火点灯デモフライトの実現に向けて「空飛ぶクルマ」の開発を進めるCARTIVATOR。愛知県豊田市にある、ものづくり創造拠点 SENTANを開発拠点に機体開発を続けるほか、有志団体内のスタートアップでは、実用化に向けた事業開発も行っています。本講演会ではCARTIVATOR共同代表を務める福澤氏に、最新の業界動向や開発秘話などをお話していただきます。

② 13:00〜14:30 定員150名

テーマ 人間とロボットが協働する世界の実現に向けて
~中小企業ロボット導入の背景・現状そして将来~
講師 東京大学名誉教授、ロボットビジネス支援機構
(RobiZy)理事長
 佐藤 知正
内容 2020年にロボット国際大会「World Robot Summit」が愛知県で開催されることが決まりました。
当地域はロボット使いこなし先進地域であり、将来更に、ロボットの導入やビジネス活用が進んでいくことが期待されています。World Robot Summit実行委員長、RobiZy理事長を務める佐藤氏に、ロボットの使いこなしが日本をロボット大国にしたという事実を踏まえ、自動化やロボット化への期待と産業や協働ロボットの新しい動きを紹介いただきます。また、中小企業へのロボット導入の背景、現状とロボット使いこなしビジネスの展望についてもお話していただきます。

③ 15:00〜16:15 150名参加

テーマ 映像を通して感じる「ものづくり」の魅力
講師 TBSテレビ テレビドラマディレクター 演出家 映画監督
福澤 克維
内容 1964年、東京都生まれ。福沢諭吉の玄孫。
慶應義塾大学卒業後は富士フィルムに入社するも、映画・テレビドラマに関わりたいという夢を捨てきれず、1989年、東京放送(TBSテレビ)に入社。入社早々、ドラマ部に配属され「3年B組金八先生」シリーズや「半沢直樹」「下町ロケット」「リーダーズ」「陸王」など数々のヒット作、ものづくり町工場に関する作品を手掛ける。
また、慶應義塾幼稚舎から続けられたラグビーにおいては有名選手で、高校では日本代表、大学では慶應史上初の日本一への立役者というスポーツマン。
自身の生い立ちや撮影秘話、また、映像を通して感じるものづくりの魅力についてお話ししていただきます。

3月22日(金)

④ 10:30〜12:00 定員80名

テーマ 愛知県・新エネルギー分野における ビジネス交流会
内容 愛知県では、中小企業をはじめとする県内企業の新エネルギー分野における取組を支援しています。今回は、豊田市内で実施された国内初「V2G」実証などの最新技術開発に加え、ベンチャー企業との技術開発を事例としたイノベーションに関する取組とマグネシウム空気電池と太陽光発電を併用した非常用電源システムの開発について紹介します。

⑤ 13:30〜15:00 定員150名

テーマ 今後の中小企業の在り方 ~激動する日本経済を読む~
講師 経済アナリスト 森永卓郎
内容 難しそうでとっつきにくい、けれども日々の生活に直結している大事な「経済」。
地方の中小企業が生き残りをかけて再生・成功した事例を紹介しながら、 消費者ニーズを敏感にキャッチする方法や経済状況のアンテナの張り方など、 その広い見識と知見を基に存分に語っていただきます。

⑥ 15:30〜17:00 定員150名

テーマ モビリティカンパニーへの変革
講師 トヨタ自動車株式会社 先進技術統括部長 浜田 一行
内容 自動車業界は、100年に一度の大変革期に突入したと言われています。「電動化」「知能化」「情報化」に代表される技術革新のもと、自動車会社からモビリティカンパニーへの変革を目指すトヨタ自動車の様々な取組についてご紹介いたします。環境問題や渋滞といった社会的課題の解決に加え、全ての人にとってよりスマートで豊かなモビリティ社会についてご講演いただきます。